0532-31-1251

Precut CAD

プレカットCAD

MP-CAD8


プレカットCADのベストセラー「MP-CAD」が、
さらに8つの性能を高め「MP-CAD8」として誕生しました。

1

操作性の向上

構造・羽柄・合板等、プレカットの各種部品データ作成において、最適な画面表示を行い、抜群の操作性を実現しました。

2

パネル統合

データベースを完全統合する事により、同一アプリケーション上で操作することができるようになり、操作性が大幅に向上しました。板取り編集機能を標準装備し木拾い率が大幅に向上しました。

3

らくらく図面作成

重なった文字が自動的に移動したり、注釈や表、図形を追加でき、見やすい図面を従来の「図面エディター」とは比較にならない程短時間で作成することが可能です。図面の編集内容が保持されるため、伏図を変更しても図面変更の作業時間が最小限に抑えられます。

4

加工チェック機能

CAD画面で加工機のエラー、警告をシミュレート出来るため、データを調整したり、工場への追加作業の指示を事前に出すことが可能となり、工場の生産効率の向上が期待できます。

5

リーズナブル

ソフトウェアのライセンス販売を本格的に開始します。ソフトウェアを必要な数、必要な期間のみライセンス購入することで、初期投資を抑えることが出来ます。

6

加工データ互換強化 オプション

加エデータを出力する際に刃物径を自動的に調整するため、従来よりも自由にデータのやり取りが出来る様になります。

部品定義オプション

7

構造計算パッケージ 極(きわみ)・要(かなめ) オプション

これまで「時員が掛かる」「難しい」等、なかなか取り組み難い印象が強かった構造計算ですが、[打合せ書」としても利用出来る新しい情報設定画面、発生したエラーの解決方法を教えてくれる「動画解説」を搭載しました。「簡単」で「短時間」で出来る構造計算の完成です。

計算系オプション

8

CEDXM連携強化 オプション

意匠CADから引き渡されたプランデータを手直しする機能が充実しました。CEDXM連携によって引き渡すデータも今後CEDXM評議会の決定に基づき、制度の向上、データの拡張を図り、生産性の向上を目指します。

CAD連携

さらに詳しい情報については製品カタログをご覧ください。

 製品カタログ請求

部材定義システム

構造材 標準装備 構造定簑の基本となる部屋、開口、屋根などの問取りデータと主要な構造材(横架材、柱材)の入力をする事により
強力な自動生成機能を駆使して図面、帳票出力、機械加エテータの出力を行います。また、3D表示、干渉のチェックも有します。
羽柄材 標準装備 根太、垂木、間柱など羽柄材の入力、自動生成や図面帳票出力、機械加工データの出力を行います。
合板 標準装備 床、野地(屋根)、壁合板の入力、自動生成や図面帳票出力、機械加工データの出力を行います。また、合板の歩留まりを極限にまで高める「板取エディタ」を標準で装備しています。
金物工法 オプション 構造材の仕口として市販の梁受け金物、ホゾパイプ等を自動発生し、帳票や機械加工データの出力を行います。主要各社の製品に対応しております。
金物工法の製品情報
壁枠 オプション 外壁に壁合板を打ち付けるだけではなく、壁合板に間柱や上下枠、窓台、まぐさ等を組み付けパネル化し、現場での作業効率をあげることができます。
壁枠の製品情報
サイディング割付 オプション プレカットデータから簡単な操作でサイディング割付データを自動生成し、図面帳票出力、機械加エデータ出力を行います。
サイディング割付システムの製品情報
ゲーブルパネル オプション 切妻や片流れ屋根の妻壁上の屋根枠(腕木、ケラバ垂木、ころび止め等)を間単に自動配置することができます。
小屋ツーバイ オプション ゲーブルパネルオプションをベースに「抱き合わせ隅木」「垂木、棟木のバードマウス加工」「妻小壁の枠材対応」が追加されたオプションです。
小屋ツーバイの製品情報
製作金物 オプション 特殊な金物のプレカットデータを容易に作成することができるツールです。

構造計算系

極(きわみ) オプション 建築基準法仕様規定、品確法性能表示、梁断面算定、許容応力度計算、大型物件(※STRDESIGN 大型対応版のみ)を含めた、構造計算総合パッケージ。
極(きわみ)の製品情報
要(かなめ) オプション 建築基準法仕様規定、品確法性能表示、梁断面算定までを備えた長期優良住宅対応パッケージ。
要(かなめ)の製品情報
軸ナビ オプション 極、要の追加オプション。強固な構造ブロック、多彩なエッセンス、梁断面算定の3つの機能で違和感の無い安全な伏図を創り出す木造軸組み工法住宅の伏図設計支援ツール。
軸ナビの製品情報

データ連携

CEDXMコンバータ オプション 意匠CADとプレカットCADの標準化フォーマットであるCEDXMフォーマットを採用したデータ連携プログラムです。IN・OUTの両方に対応します。
CEDXMの製品情報
CSV形式データ連携 オプション 意匠CADとプレカットCADとの間をCSVデータ(宮川データ形式)でIN・OUTするプログラムです。
意匠CADのCADDCF.CSV連携
プレカットCADのCADDCF.CSV連携

さらに詳しい情報については製品カタログをご覧ください。

 製品カタログ請求

さらに詳しい情報については製品カタログをご覧ください。

 製品カタログ請求

OS Windows 7
システム装置 上記OSが標準的に稼働するシステム
CPUはlntel®Core™2 Duo 2GHz相当以上(推奨lntel®Core™2 Duo 3GHz相当以上)
ディスプレイ 上記システム装置に接続可能なカラーディスプレイ 最低解像度1280x1024以上(推奨解像度1920x1080のワイド型ディスプレイ)
メモリー 最低2GB以上
ハードディスク 最低空容量10GB以上
出力装置 Windows 7 対応のレーザープリンター
A4、A3のトレーをそれぞれ有する事

※Windows®は、米国Microsoft®Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
※Intel® CoreTM2 Duoは、米国およびその他の国におけるIntel® Corp.(or Intel® Corporation)またはその子会社の登録商標です。
※STRDESIGNは、富士通エフ・アイ・ピー株式会社の商標登録です。

さらに詳しい情報については製品カタログをご覧ください。

 製品カタログ請求